うちの猫たち

桃太郎と栗之助■桃太郎と栗之助■
黒猫雑種。1995年1月7日生まれ(推定)

当時大好きだったゲーム「桃太郎伝説」から。兄弟なので桃といえば栗、という事でもう一匹は栗之助と命名。

日本経済新聞社の方がゴミの集積所で動いているコンビニ袋を発見、保護して下さった捨て猫です。

当時はまたパソコン通信しかなかったのですが、掲示板に掲載してあった記事を見て連絡を取りました。

とりあえず見るだけ、と思っていましたが「黒猫は不吉、と貰い手がつかない」と言われて衝動的に二匹共連れ帰りました。

右の桃太郎は2005年8月17日、亡き母の命日に原因不明の赤血球の減少(再生不能性貧血?)で10歳の若さでお星様になりました。

桃太郎は私の生涯における最愛のパートナーです。

ジャスミン/シャルトリュー■ジャスミン■
シャルトリュー。1997年8月31日生まれ。
亡きみんとにそっくりなのでみんとのみん、を貰ってジャスミンと命名。

ももくりの後に引き取った成猫のみんとが腎不全のため逝去し、みんとにそっくりなグレーの猫を図鑑で見かけて写真を見たくてサイトでブリーダーを探しました。

当時40万もしましたし、飼うつもりは全くなかったんですが、私はみんとの子猫時代を知らないので出来たら子猫の写真を見せてもらえないかと連絡しました。

そうしたらシャルトリューに興味を持った理由を知ったブリーダーさんが「一回前の繁殖で生後6カ月の子でいいなら差し上げます」と。(^-^;)

2008年に乳がんが発覚して手術、片側の乳房を摘出しました。予後はかなり良いようで今のところ再発も転移もなさそうです。
***追記***
がんばってくれていたジャスミンですが、2011年12月28日に他界しました。享年14歳2カ月。よくがんばってくれました。

C.C.&ま〜ち■C.C.&ま〜ち■
オシキャットの兄妹。シルバースポットとチョコレートスポット。1997年10月28日生まれ。

斑点のある姿から元ダンナが「チーター→水前寺清子→♂水前寺、♀清子」と( ̄▽ ̄|||
少し捻って水前寺清子さん繋がりでC.C.(レモン)と(365歩の)ま〜ちに・・・

みんとを亡くして落ち込んでいた私にブリーダーをやっていた友人がくださった猫。本当は一匹と言われていたんだけど、色が選べずに二匹頂いてしまいました(爆)
C.C.は一度脱走して私の寿命を縮めた事があります。ま〜ちは人間には超絶な甘えん坊だけど、以下のバジルライス一家と険悪で一緒にすると喧嘩を売ってはいじめられてしまうので別部屋にしています。

追記
2013年1月5日
朝まで元気にしていたま〜ちですが、夜に猫部屋に行ったら寝床で眠ったまま絶命しておりました。お医者様曰く「起きる体力がなくなってしまったんでしょう。老衰ですね。」と。
享年15歳2カ月8日。
2013年12月31日
少し前から徐々に元気が無くなり、医者に連れて行ったところ歯茎が腫れているという事で抗生剤を打ってもらいましたが「これで良くならなければ老衰の可能性も」と。
結局、歯の痛みは無くなったようでしたが日に日に衰弱し、2014年を迎える少し前に眠ったまま昇天しました。
享年16歳2カ月3日

バジルたん♪■バジル■
1998年2月22日生まれ(推定)。みんとに顔が似ていたので同じハーブ系でミントに似ているバジルと命名。

この「くろねこくらぶ」のメインキャラクター。

本サイトに里親募集を依頼して来た方が写真をデジタル化できないという事だったので、撮影に行きますと連絡した所自宅から歩いて行ける動物病院で保護している事が発覚。写真を撮りに行き、あまりの可愛さに手放せなくなる・・・・

だってこれだもの〜〜

ライスが早熟だったため去勢した時には既に懐妊。1歳の誕生日を迎える前に母になる。orz


ライスたん♪■ライス■
1998年4月13日生まれ(推定)。友人のドラマー君の家に同じ柄のコメちゃんという猫がいたので名付けを頼んだら「うちのがコメだからライスはどうですかw」と。
友人が白猫が欲しいと言うので新宿某所にあった猫シェルターに行った所、白猫は既に貰われた後で、私がライスに一目惚れ。
本当は里親さんが決まっていたらしいんだけど私にしがみついて離れないライスを見てシェルターの人が「この子はあなたがいいみたいね」と私に譲ってくださいました。今もラブラブです。

リゾとネロとみ〜ふぁんのパパ。


リゾ■リゾ■
1999年2月17日生まれ。バジルママとライスパパの子供。
とまとの飼い猫でバジルとライスの子供だから「リゾット」にしようと思ったんですが語呂が悪いのでイタリア語で「米」の「リゾ」になりました。
顔はめちゃめちゃ美人でスレンダーな綺麗な猫なんですが、家庭内野良状態です。(T-T)
物心ついた頃から私には触らせてくれなくなり、ご飯を持って行っても物陰に隠れています。
引っ越しの時には右手を三カ所本気噛みされて病院に行きました・・・orz
それでも可愛いんだから困ったもんです。( ̄▽ ̄;;;

追記
2013年9月3日
前日夜までバクバクご飯を食べていたのに、仕事を終えて寝る前に(午前三時)猫部屋に行ったら虫の息で倒れていました。
そのままずっとついており、6時55分にとても静かに旅立ちました。老衰と思われます。
享年14歳6カ月17日



■ネロ■
1999年2月17日生まれ。バジルママとライスパパの子供。
元々は知り合いにあげる予定だったんですが、離乳がなかなか出来ずにいるうちに手放せなくなりました( ̄ω ̄;)
仮名でイタリア語の「黒」のネロと名付けてそのまま定着。
リゾほどではないんですが、かなりのビビリであまり触らせてくれません(T-T)うぅ(ご飯食べてる時にはちょっと触れる)
子猫の中で顔は一番バジルに似ています。そして声はライスとうり二つ。
ビビリのくせに喧嘩ばかり売る困ったちゃんです。ライスと時々親子喧嘩してます。(でも、親子喧嘩は流血にはならない)

追記
2013年10月5日
1週間ほど前から食欲が亡くなり、医者に連れて行ったところ「FIP」との診断。
大好きだったまりあと同じ病気で逝くなんて。。。(ノ_・。)
最後は少し苦しかったようで、大量に吐いていました。おそらく腹水かと。。。。(T-T)
享年14歳7カ月18日



■み〜ふぁん■
1999年2月17日生まれ。バジルママとライスパパの子供。
この子もリゾと同じで「米」という意味の名前にしようとあれこれ調べて、中国語の「米飯(mifang)」にしました。
子猫の中で唯一私に懐いてくれたいい子(号泣)
この写真は以前に住んでいた家のトイレで、私が入ると必ずついて来てこのペーパーホルダーに乗ってました。
「みーぱんちー、紙取らせて〜」と言うとこうやってよけてくれましたw
お返事猫ちゃんで呼ぶと返事をします。
眠っている時に呼んだらどうするかなと思って呼んでみたら目をつぶったまま顔だけ上げて「にゃっ!」と返事してそのまままた寝ましたww可愛いww
超美猫ブス柄がたまらないのです。
尻尾はめちゃくちゃなカギ。どうなってるのか今だによく分かっていません。



■チャイ■
2003年6月5日生まれ。(推定)
四国の学生さんが保護した元野良。
飛行機に乗ってうちにやって来ました。
まるでバーマンのような風貌に超のつく甘えん坊な性格ですっかりメロメロです。(〃∇〃)☆
一度抱っこするとなかなか下りてくれないので動けなくなるのが難点w
温厚な性格のせいかバジライス一家とも問題なく一緒にしておけるのに、何故か一番若いエルモと合わず(チャイがエルモを襲ってしまう)現在はバジライス一家と同じチーム。
名前は、うちの猫たちは食べ物や飲み物が多いので被毛の色から「チャイ」と命名。
保護主さんからは「タイガー」と呼ばれていたようです。(ホワイトタイガーから)



■エルモ■
2006年5月5日生まれ。(推定)
以前にサイト制作のために通っていた車屋さんの裏庭に突然現れた子猫。
社員さんから「一昨日ぐらいから裏で子猫の声がする」と言われて探したら小さな黒い塊が積んだタイヤの所に逃げ込みました。
そっとタイヤをどかしていったらそこにこの子が。まだ生後一ヶ月程度だったと思います。
保護して里親を探す予定だったのですが、重度な便秘である事が発覚。
大きくなっても治らないようなら手術が必要と言われて自分で飼育する事に決めました。(おそらく母猫に置いて行かれたのだと思います)
あれこれ試みたところ、自らもやしをバリバリ食べ、自力で排泄出来るようになり、現在は完治。


以下は既にお星様になった子です。
■みんと■
元の飼い主さんが亡くなり、ペットショップが保護していた猫。
ネットで写真を見て一目惚れして引き取りました。
引き取った時には既に高齢で、既に腎臓が悪かったようで一緒にいられたのはほんのわずかでしたが忘れられない猫です。
元々の名前は「みちと」ちゃんという名前だったようなんですが、女の子ですし、元の名前とかけ離れないように「みんと」と名付けました。
1997年11月17日、腎不全で逝去。推定15〜16歳。


■まりあ■
北海道在住の方が保護した元野良猫。
この子も飛行機でやって来ました。
一度は飼うのを諦めた子でしたが、母の命日に生まれていた事が分かり引き取る事にしました。
母の「万里子」と聖母マリアから「まりあ」と命名。
ところが引き取ってから数ヶ月でFIPを発症。その一ヶ月後に昇天してしまいました。享年九ヶ月。
こちらにまりあの闘病記〜FIPと闘った子猫の33日の記録があります。


夫が猫アレルギーのため、現在猫は猫部屋を作ってそこで飼育しています。
今後増やす事はもうないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">