コドモのコトバ

一昨昨日~昨日、今度は姫んちの長女(1年生)を預かりました。
私は仕事だし、夜も自宅仕事があったからあんまり構ってあげられなかったんだけど、一昨日の夜一緒にお風呂に入りました。
その時に話した会話がとても楽しかったので日記に残しておこうと思います。

まず、お風呂のふたを開ける時、うちのふたはクルクル巻いていくタイプなので、ふたをめくって「はい、クルクルして」と言ったらお湯の中に手を入れてかき回してました。ww
湯船に入ったら湯桶をかぶって「わしはお地蔵様じゃ」と言い「願い事があったら言ってみなさい」と言うのw
だから手を合わせて「お地蔵様、お金がいーーーーーーっぱい欲しいです」とお願いしてみましたwww
姫孫1号(息子くんのとこの孫と区別するためにここではこんな呼び方にしようかな)はかぶっていた湯桶を取ってお湯を組み「手を出しなさい」って。
だから両手でお湯を受ける格好にして差し出したらそこにお湯をざーーーっとこぼしてくれました。
手に入る量よりお湯の量のほうが多いため、当然お湯は手から溢れます。
私は笑いながら「お地蔵様、頂けるのは嬉しいんですけどお金が手からどんどん溢れて落ちちゃいます~」と言いました。
姫孫1号は何て言ったと思います?

「いいんじゃ。両手に受けられる分だけで十分なんじゃ。」

だって。

思わずははーって頭を下げそうになりましたよw

「他に願い事はないのか?」と言うので「うーん。何だろうなぁ」と考えていたら(たぶんママが懐妊中だから)「赤ちゃんは欲しくないのか?」ってwww
「いやー、欲しかったんですけどもう諦めましたw」と答えたらいきなり素に戻って「諦めちゃダメ。ママがいつも、どんな事でも諦めないで続ければ出来るって言ったよ」って。
「そっかぁ。じゃ、そこはジージにがんばってもらうしかないなぁwww」と答えたら、パッと明るい顔をして「そうだ。いい事思いついた!」って言うのね。
「なぁに?」と聞いたら「たんざくに書いたら?」wwwww いきなりコドモ。
「そうだね。じゃあ、今度の七夕様にたんざくに書いてみようかな」
「・・・でも、次の七夕様ってさえさん、60・・・」
「なってないから!!www」
三段オチかよ!!
近所迷惑を顧みず、もうお風呂で爆笑の連続。

その後また「他にも何かあるか?」と言われたので「秋のネイルの試験に合格させて下さい」と殆どおみくじ感覚でお願いしてみました。
「これはちょっと難問だな」だってwww
それでお湯を三回手にかけてから「手の中にお湯が残ったから合格じゃ。手にお湯が残らなかったら残念でした、だったんじゃがな」と。
合格頂きました~。www

姫孫1号は保育園で英語を習っていたらしく、結構単語を知っています。
車の中ではしりとりとか英語クイズをしたんですけど、ここでも面白い事が。
と「じゃあ、今乗ってる乗り物は英語で何て言うか~」
孫「・・・・・・・・」
と「ヒント。カラスの鳴き声でーす」
孫「わかった!」
と「分かった?」
孫「あほーーーーーーー」
(後で姫に聞いたら、庭にカラスが来ると姫が「アホー」って鳴いてみせてるらしくww 「今度からちゃんとカーって言うようにしよw」ってww)

コドモのコトバは本当に面白い。
特に1年生ぐらいの子は、よく言葉を知ってる割に間違っていたり(何度教えても大イビキの事を大ヒビキと言ったりww)何でそんな言葉を知ってるの?と思うようなことを言ったかと思うと「それなぁに?」と肩透かしくらわしたり、ホントに面白い。

子供は生きてるエネルギーに満ち溢れていて、そばにいるだけでパワーを吸い取られて疲れるけど(T▽T)それでも可愛いな。
今度は王子孫1号(4歳)と姫孫1号(6歳)を海に連れて行こうかとダーと話してます。
ただ、ちょっと心配なのは、二人共ジージが大好きなのでジージの取りっこにならないといいんだけどね。
まぁ、姫孫1号は1歩引いてくれるタイプだから大丈夫だとは思うけど。
ダーからは「お前、そこに参戦するなよwww」と言われてます。(爆)

One Response to コドモのコトバ

  1. このは より:

    本当に子供って愛らしいです。
    私も子供大好きです。
    面白いこと一杯言ってくれるし、考えさせられることもある。
    孫と(アナと雪の女王)見に行きましたが、未だ幼稚園の子供が(ばあば、私泣けちゃった)て言うの。
    あの内容わかるのかな?
    ませているのか?本当に子供って可愛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">