プレゼントの中身

image

とうちゃんに
「ホントは予想ついてるんだろ?この前(マイソフトバンクで本体の割賦の残りを確認してとスマホ渡された時に)お気に入りに入れてるの見てるじゃんw」って言われた。

あれって私にだったのか(T^T)
全然安くないじゃん゚(゚´Д`゚)゚
安い物って言うからあれではなくて、だとするとあんな物をなんでお気に入りに入れてたんだろう、もしプレゼント開いてあれじゃなかったらどうしよう…
ブチ切れないで聞けるかな
それより、あんな物を検索してお気に入りに入れてまでプレゼントしたい相手がいるなら、もう本当に終わりかもとずっと不安でした。

でも、私にだった。

とうちゃんがあれをプレゼントしたいと思っていた相手が私で本当によかった。(・_・。)

およそとうちゃんが思い付くものではないので、どうやってたどり着いたの?と聞いたら「プレゼント 妻」で検索して、ランキングあったから見てたらいかにも私が好みそうなデザインを見つけた。これ、絶対好きそうだなと思ってその製品のメーカーサイトに行って一番安いのを探したw その後、ネットで探したけどみんな売り切れで、たまに在庫見つけると定価より高かったから買わずにいた。取り扱いしてるのが2店舗しかない事が分かって、それで買いに行った。(今回買った店でも既にショーケースにはなく、最後の1個だったそうです。)
昨日の店になかったらもう1軒の店に探しに行くつもりだった。
それでもどうしても無ければ定価より高くてもネットで買うつもりだった。・・と。

これが「(そのメーカーの中では)安い物」の理由で、わざわざ買いに行った理由、そして「もし無かったら買わない」と言った理由だそうです。

こういう「喜ばせようと思って努力をしてくれる事」がプレゼントそのものなんだよね。

そして、一番嬉しかったのは「こうやって喜ばせようと思ってこっそり準備してたものを渡した時に要らないと不快な顔されるのがどんなに酷い事なのかやっと分かった」と゚(゚´Д`゚)゚
プレゼントする、本当の意味をやっと理解してくれたみたいです。

ちなみに、お気づきだと思いますが物はブランド物です。
私はブランド品はあまり好きじゃないんだけど、そのデザインだけはショーウィンドウの前に立ち止まって見たほど好みでした。でも、0が1つ多くて買えなかったけど。
それを「お前が好きそう」って思ってくれた事も本当に嬉しかった。

中身はまだ見てません。
誕生日に見たいから。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。