それはねぇべ。

獣医さんに電話したら「直接お話したいので出来たら来て欲しい」と。
もう助からないとか言われてしまうのかなとかなりの不安を抱えて行きました。

結果から言うと
「犬用ではあるけれどパルボウィルスの検査キットの検査の結果擬陽性が出たので、パルボを想定した治療に入りたい」
という事でした。

パルボは潜伏期が2日〜7日。
その間に感染・・・・・って。あり得ないですから。
C.C.は猫部屋を一歩も出てません。
私も外の猫には触りません。(こういう事があって怖いからです)
感染経路がないのに何で感染すんのさ〜( ̄▽ ̄;;;
それに吐いた後は一カ所あったけど下痢もしてないし。

でも、まぁ、一応心配なので外の機関に確実な検査に出してもらったんですが・・・
ネットで調べたら「犬用の検査キットでは猫の事は正確に分からないので使わないのが一般的」とな。( ̄ω ̄;)
先生に電話でそれを話したら「そういう事にはなっているけど猫でも出る子もいる」と・・・

バジルを助けてくれた病院なので信じてはいますが、ちょっと納得いきません。

まぁ、白血球の数が尋常じゃなく低いのでパルボ用の治療をしても意味ない、という事ではないので(抗体を上げる治療なので)別にいいんですけどね。
精密検査の結果が出るまで一週間。
それまで他の猫と念のため隔離した方がいいと言われているんですが・・・
パルボなんてあり得ないよ〜(・”・;)

あの病院は丁寧だし親切だし優秀で、本当にいい病院だとは思うんだけど。
院長以下獣医さんが三名、トリマーさんが三名。
これだけの給料を出すためにはかなりの売り上げが必要な訳で。
うがって取りすぎかもしれないけど「(高額になるため)検査したがってる」気がしてなりません。
C.C.は金曜まで「入院」ですし。

うーーーーーーーん。

追記です。
このあと色々ググってみたら、パルボは発症してすぐなら命に関わる事にはならないケースが多いとの事。
嘔吐を始めてしまってからはそれを止められれば大丈夫だけど、血便出たりしたら殆ど助からない・・・・
そのためには一刻も早い治療が必要、と。
先生は「万にひとつ」の確率であろうとパルボの可能性があるなら治療を始めた方がいい、という事でおっしゃったんでしょうね。
「感染経路がない」というのはあくまでも私の素人判断なわけですし。
パルボでなければ、無駄?かもしれないけど、もしもパルボなら「早期に初めてもらってよかった」って事になるわけですしね。
先生を信じてお任せしようと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。