ジャスミンからの伝言

今から書く事は「霊」にまつわる話です。
つまり、私のとても信頼している霊能者の方から聞いた話。
こういうのが信じられない、信じたくないという方はUターンして下さい。お願いします。ペコリ”○┓

元々、この方に連絡とったのは、ちょっとプラべートな事で困っている事があり(とうちゃんの事ではなく)それをどうしたらいいか相談したかった事と、とうちゃんが怒ると別人みたいな顔になるし、本人も「普段そんなに苦々しく思ってるわけじゃないのに、スイッチが入ると”この女!”と憎しみみたいなものがわき上がって来てしまう」と言っていたので、ひょっとして誰か憑依しているのでは?という事が聞きたかったからなんです。
最初の件については今しばらくは静観するしかないという事でした。
そして、とうちゃんの事については「憑依ではない」との事(^-^;) 「ストレスが限界に来ると爆発してしまうようです。けれど、ご主人、その事を海より深く反省していますね。。。そしてそれを繰り返してしまっている事を更に反省しています。少しずつは良くなっているんじゃないですか?」って言われました。
確かに。。。
いずれにしても憑依じゃなくてよかった。
(余談ですが、こうやって何でもかんでも憑依してるとか霊のせいだとかお祓いしろとかツボを買えとかww言わないとこが本物だと思っている所以です。時々「波長が合わなくて分からない」とおっしゃる事もあります(⌒∇⌒;))

その後ジャスの事も少し聞きたいと言ってあったのですが「あ・・それから・・・あなたの猫ちゃん?から伝言があります」と言われました。
「この子・・・まるで人間みたいな子ですね。・・・あなたに、あなたがいない時を狙って昇天したのだからもう気にしないでと言ってますよ」って言われました(>_<。) 「一度旅立とうとした時にあなたがあまり泣くから思いとどまったと。もう十分に可愛がってもらったと思っていたからこれ以上あなたの手を煩わせたくなかったんだそうですよ。」って。 すごく思い当たります。 一度、ドサッと倒れて失禁して舌を出して痙攣した事があるんです。 いよいよダメかと思って名前を連呼して体をさすって・・とにかくおしっこ拭いてやらないととタオルを取りに行って戻ったら起き上がってご飯食べてました。 なんだか狐につままれたようでした。あの時か・・と思いました。 もう、嗚咽するほど泣きました。 一人で逝かせてしまったと、ずっとずっと思っていたから。 やっと、ジャスを心安らかに見送ってやれる気がしています。 (ちなみに、動物の霊とはコンタクトを取れない事も多いそうです。)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。