キャンプは中止

今日は本当は二泊目でキャンプに行く予定にしていたのですが・・・・
実はここんとこもう普通に戻っていた桃太郎が、おとといの夜からまた食が細くなっていて心配で、シッターさんに「とにかく桃太郎の食欲だけよく見て連絡してください」と伝えてありました。
そしたら・・・昨日の夜、全く食べなかったみたいなんです(ノ_・。)
それを彼に伝えたら「明日は雨みたいだし(キャンプは中止して)帰るか?」と言ってくれ、そうさせてもらいました。
で、さっき帰宅してから桃太郎を、今度は近くの病院に連れて行きました。
前ににゃにゃこを連れて行った時、何となく冷たい感じがして敬遠していたんですが、正直、桃太郎が急変した時にすぐに診てもらえるお医者さんの方がいいと思ったから。
ところがどっこい。
すごくいい先生でした(T▽T)私ったらにゃにゃこの時、どこを見ていたんでしょうか。
前の先生の所の血液検査の結果を見せたらそれをきちんと見てカルテに書き写し、もらった薬についての説明もしてくれました。(そっちの先生はアバウトにしかしてくれなかったのに)
それで、触診したら秘蔵と肝臓が若干腫れているのが気になると。
食欲がないのは熱があるからだそうです。(39度ちょっとありました)
で、強い抗生剤を打ってくれ、おそらくこれで明日の朝には熱が下がるだろうから食欲ももどってくるでしょう。とのこと。
ただ、この抗生剤で熱が下がらないようだと、お腹の中に腫瘍がある可能性も否定できないらしいです。
前の先生の所で肝臓は血液検査の結果異常なしといわれたのだけれど、と言うと「血液検査で異常値が出たときには、もう3/4が機能してない時です。数値では分からないことも多いんですよ」と説明を受けました。
んでもって、その病院では貧血だからって毎回血液検査があって、一回いくと8500円したんですが、今回は初診料500円、抗生剤の注射1000円。以上。(飲み薬も飲ませてくれていましたが、それも熱に効くそうで、それはサービスらしいです。)
明日の朝、熱が下がったか見たいのでもう一度連れてきてくださいといわれました。
なんせ、うちから歩いても行けるんですよね。安いし、ホントに助かります。
何より「確かに貧血は貧血だけど、重度で救いようがないほどの貧血ってわけじゃないですけどねぇ・・・」って言われたのが一番嬉しかった(ノ_・。)
前の病院ではこれ以上下がったら急死もありえるといわれていましたから。
今回の先生は「何かの感染症だと思うんだけどね。外に出していないという事だし、そんなに酷い感染症にかかる可能性は極めて低いですよね。風邪をこじらせた程度だといいんだけど」って言ってくれ、ホントにホントにホッとしました。まだもちろん安心はできないですけど。
パーキングエリアでメールチェックしたら、シッターさんから「桃太郎ちゃんが必ずよくなると祈ってますし、そう信じています」ってメールが来ていて、思わず泣いてしまってダーを困らせてしまいました。
バイクを車庫にしまう時に、準備だけして全く使わなかったキャンプ道具を下ろしてるダーを見て、本当に申し訳ないことをしたと思い、出てくるときに「あの・・・折角準備してくれたのに、ホントにごめんなさい」って言ったら「いーや。また機会がある時にね」って言ってくれました。
他人からはたかが猫かもしれないけど、私には世界一大切な宝物。
ダーが優しい人でよかったです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。