長すぎた春

さっき、彼にお別れのメールを書きました。
なんで?と思う人も多いでしょうね〜。(^-^;)
確かに今回の旅行で彼は私にプロポーズめいた事は言ってくれました。
でもさ。「思う」だけなら中学生だって思えるんだよね。結婚したい、なんて。
そう言えばダラダラ付き合えると思ってるズルい計算があるように思えてしまった。
何より一番大きかった理由は、周り中から反対され、渋っている本人に懇願するって・・・最初の結婚の時と同じパターンなんだよね。それに気づいてしまった。
私はこのパターンでは幸せになれないと思う。
私は私の事を一番に考え、心配し、守ってくれて、彼からも「あなたを人生のパートナーとして一緒に生きて行きたい」と切望してくれる人を見つけようと思います。
結婚だけが恋愛の終着点ではないと思う。
でも、強引に自分に気持ちを向けさせて、何度もプロポーズしてくれて、それだからこそ彼に気持ちを向けた筈の私は、もう気持ちを支えていく事ができない所まで来てしまったようです。
彼の事は今だって大好きだし、これからもきっと嫌いにはなれないでしょう。
でも、どんなに身体の相性がよくて、どんなに大好きでも、それだけじゃダメなんだよね。
願わくば、彼にももっと真剣に愛して、人生の伴侶にしたいと思う人が現れて欲しいです。
落ち込んでないし、ある意味すっきりしました。大丈夫ですんで心配しないでね(笑)
「縁がない」というのは、たぶん、「タイミングが合わない」という事なんだろうなと思ってます。
でも、私はこの3年間、本当に幸せだった。
それだけは確かだし、彼には感謝しています。

関連記事一覧

  1. このは

    恋愛は別れたりくっついたりの繰り返し多いですよね。
    悲しかったり、喜んだり、心が満たされたり、乱れたり、心も忙しいです。
    これが、恋してるってことですね。
         このは