自己重要感の喪失

彼から日曜の午後遊びに行こうと連絡が来ました。
でも、断りました。
向こうが望んだ時にしか会えない関係に疑問もあるし、手術前の貴重な休みなので色々やらなくちゃいけない事もあるし。
今まではそういう時でも無理して合わせて来たんだけど、もういいや。
ただ遊び友達の延長の彼氏ではなく、心身共に支えてくれる人が欲しい。
「彼氏が付き添わない事になったら自分に行かせて欲しい」と言ってくれてる人がいるから甘えさせてもらおうかと思っている、とメールしたらその返事は
「どーぞ、そういう人と付き合ってください。おだいじに」
でした。
私の存在なんてこんなもんなんだよね。
もう、いいかな、ホントに。
実姉からも彼氏からも大して心配もしてもらえない私の存在って一体何なんだろうね。
がんばって手術受けて生きよう、なんて気持ちがなくなっちゃったよ。
猫たちがいるから手術受けないなんて事はできないけどね。
私ってただのガールフレンドだったんだね。
もうこの世には私の事を一番に心配してくれる人なんかいないって事だけはよく分かった。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。