ココアの夢

今朝、夢を見ました。
部屋の外で猫がしきりに鳴くので見たら、白い長毛の猫がいて、部屋に入れてやろうと窓を開けようとするんだけど、ガラス戸と網戸が何重にもなっててなかなか開かなくて。
やっと直接肉眼でその子がみれたので「おいで」と声をかけたんだけど、その場でごろごろスリスリごろんごろん。
しばらくするとパッと飛び起きて右の方に走って行ってしまいました。
夢の中では気づかなかったんだけど、起きてからごろんごろんしてた時にみた背中の模様を思い出して、それが長女の姉の家で飼っていたココアだって事に気づきました。
ココアはガンで亡くなったんです。
「手遅れになる前に手術受けなね」か「大丈夫だよ!」を伝えに来てくれたんだろうと思います。
ココアは病気で亡くなったと思えないぐらいまるまる太っていて、相変わらず綺麗でした。
それと、夢には続きがあって、ココアがいなくなった方向からシャムの生まれたばかりの赤ちゃんがヨタヨタ入って来ました。
なので、姉に「もし、三ヶ月後に偶然シャムの話が舞い込んだら会って見た方がいいかも」とメールしました。(^-^;)
猫は9回生まれ変わるそうですんで。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。