いよいよ。

覚悟を固めなければならない時が来たようです。
猫部屋にご飯をあげに行ったら、いつもと同じようにジャスミンも出迎えてくれていて、カリカリを出してやったら1番に食らいついていました。
あれから病気を克服したんじゃないかと思うほどの食欲で、毎日その姿を見るとホッとしたし生命力に驚かされてもいました。

けど、2口くらい食べた時に何やら慌てて寝床へ走って行きました。
(走って…とは言ってもガンはまた溶解しているしどうも脚も上手く動かないみたいでヨロヨロしながらですが)
そして寝床の手前で倒れ込み、苦しそうに口を開けて失禁を…
正直、もう朝までもたないかなと思いました。
急いで濡れタオルとキッチンペーパーを取りに行き、戻って身体を綺麗にして身体を撫でてやりました。
「もう、頑張らなくていいからね。もう、本当に充分だから。ありがとうね、ジャス」と声をかけました。
5分ぐらいしたらまたヨロヨロ立ち上がりご飯の方へ…
少し食べていたようなので、急いで缶詰を開けてやったら爆食してました。

…でも、もう長くないと思います。
あんなに食べているのに身体は直接骨に触っているような感じ。ガリガリです。
それでも顔は可愛いまま、瞳孔の大きさも元に戻りました。
咳をしていないのが救いです。

食べたいだけ食べてまた寝床に行って、今は安眠しています。

あと何日一緒にいられるのかな。
心静かに送ってやりたい。
泣くな、私。
まだジャスは生きてるんだから。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。