保健所にいる動物を救いたいのは分かるけど

よく「動物を飼うならペットショップで買わないで保健所から貰い受けて」と書いてる記事を見かけますけど、違和感あるのよね。
ペットショップで(既に生まれて)売られてる子も、保健所にいる子も同じ「命」なのではないのですかね?
ペットショップで生体販売してはいけない、という法律が出来ない限り動物は「作られる」わけで。
生まれた子を買うなというのではなく、「生ませないようにする」のが本当なんじゃないの?
ペットショップで人々が買わなくなれば、売られなくなる、なんてこんな消極的な方法で生体販売する人がいなくなるのに一体どれだけの時間がかかるんでしょうか。
その間に生まれた命は犠牲になってもいいって事なのかしら。
保健所にいる子だけが可哀想、なの?
私はこのやみくもに「買わないで保健所から貰え」という意見には賛同しかねます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。